スタッフブログStaffblog

2011.12.2

地盤改良(H型PCパイル) 営業マン日記

連続ですが、たまには技術ネタを。

基礎工事の前に地盤調査→調査結果によって必要な地盤改良が殆どの現場で施されます。

一言で地盤改良といいましても多様な工法があります。

2mより深い地層に固い地盤(支持層)がある場合の地盤改良のお話。

そういうケースの場合まずファーストチョイスとして湿式柱状改良工法が多いです。

こいつはほとんどの地盤に対応できる改良方法で最初に穴をくり貫いてから低圧でセメントミルクを注入して

硬化するのをまって基礎工事にはいります。

今回ご紹介するのはH型PCパイル工法という地盤改良工法。

名前の通り上記のH型のプレキャストコンクリート製の杭を専用杭打機で油圧圧入していきます。

まず正確な位置にまっすぐに打ち込むためにオーガーのスクリューを杭芯に合わせて先行掘削していきます。

H型PCパイルをたてて専用の打ち込み機で圧入していきます。

所定の深さまで必要な本数を圧入して終了。

あまり見かけない工法かもしれませんが、現場の地層の状況(支持層までの深さ・土質・地下水の有無)等に

あわせて使い分けていきます。もちろん工法によってコストもかわってきます。

基礎工事の前の目立たない行程ではありますが、かなり重要な部分。

強固な地盤をつくって、しっかりとした家を造っていきます。

追伸:現地で見学してたらあまりの寒さに体が冷え凍ってしまいました・・・

    冬将軍様到来です。。風邪には気をつけてくださいネ!

マエハタ