スタッフブログStaffblog

2018.05.31

LIXIL研修その③ スタッフブログ

(前回の続き)

翌日、粛・海風さんを出発し、LIXIL東浦工場にて今度は外壁タイルの湿式製法(昔ながらの焼物と基本的には同じ製法)の見学をさせて頂きました。

工場内は撮影NGでしたので写真はありませんが、外壁タイルの表面加工の体験をさせて頂きました!

IMG_0575

その後、INAXライブミュージアムにて昼食を頂き、世界のタイル博物館をご案内頂きました。

IMG_1187

 

この頃には前日からのタイルのお話でお腹いっぱいになっておりましたが、日本各地~世界の様々なタイル展示を見学させて頂きました。大変貴重でごく一部の裕福な人しか手に出来なかった紀元前のものから、近代のある程度大衆に行きわたるようになった時代のものまで、たくさんのタイルが展示されていました。

IMG_1199

IMG_1201IMG_1203

こちらもタイルの一種。横から見るとゴルフのピンのような形をしています。

IMG_1204

世界最古のタイル(レプリカ)を用いた再現展示。

本物も別に展示されていました。

IMG_1205

写真は展示されているごく一部です。時間の都合上、1点1点をゆっくり見て回ることは出来ませんでしたが、どれも非常に美しく、個人的にまた訪れてみたい場所となりました。

IMG_1185

土管を焼いていた大正時代の窯と建物、煙突が保存されている、窯のある広場・資料館。中を見てみたかったのですが、保全工事中のため、休館となっておりました。

 

ミュージアム見学後、名鉄・常滑駅にて解散となりました。

サイディングに比べてどうしても割高になってしまうタイルですが、この度参加させて頂きました研修で、見た目の重厚感や味わい、耐候性や耐衝撃性等に触れ、高いだけのメリットは充分ある!とあらためて実感できました。

この度研修の機会を頂いた会社と、研修期間中いろいろとサポート、お気遣い頂いたLIXILスタッフの皆様、本当にありがとうございました。

ご新居を検討中で外壁タイルに関心お持ちの方、いつでもご質問お待ちしております!

IMG_0595

川那辺