品質と性能Quality and performance

住宅づくりの新しい基準
「安心の高品位住宅」

太陽住宅では、財団法人日本住宅・木材技術センターによる木造住宅供給支援システム認定の「高品位住宅基準15項目」に沿っての家づくりを行っています。シンプルでデザインを追求すると、構造的にも安定したバランスよい家となり、根本的なコストダウンが図れ、かけるべきところにお金を使うことが出来ます。その結果、合理的かつ高品質な家づくりをすることが可能となります。

高品位住宅基準15項目

1番設計基準
[柱の直下率60%以上][耐力壁線の直下率60%以上]

FourSeasonsのみ/プランによっては基準に満たない場合もございます。

住宅金融支援機構の基準を満たした上で、更に建物構造の強化を図る耐震基準を強化。グリッド構成による間取りプラン作成で構造の安定とバランスを考慮した設計を行っています。

柱・耐力壁の配置と直下率 柱・耐力壁の配置と直下率 柱・耐力壁の配置と直下率
耐力壁の配置と偏心率 耐力壁の配置と偏心率 耐力壁の配置と偏心率
  • 2番地盤調査の実施

    地盤調査の実施
    スウェーデン式サウンディング

    国土交通省にも定められた、住宅建設に適した地盤調査試験です。多くの国で基準化された方法で、土地の強さ(支持力・沈下量)が容易に判定できます。先端に専用のロッド(ドリル)を取付けて一定深度にて打撃を与えその回数により、建設地の状態を判断します。掘削した土の状況も確認できますので、砂質・粘土質等の地下の状態も解る優れた調査方法です。

  • 3番機械式プレカット部材

    機械式プレカット部材
    含水率20%以下

    精密に機械加工(プレカット)された木材を使用しています。手加工に比べ1.5倍の接合強度で噛み合います。

    土台、大引には米ヒバを採用

    土台、大引にはシロアリ、カビを寄せ付けず防腐効果の高い米ヒバを採用しています。

  • 4番床束

    床束
    鋼製束

    床を支える束と呼ばれる支持材に、鋼製束を採用。溶融亜鉛メッキ処理でサビやシロアリを寄せ付けず、圧縮強度は2t以上と、大変強く安心の強さで頑丈な構造を支えます。施工面では、ターンバックル方式で作業を容易に行うことができ、高さの微調整が可能なため精度も高まります。

  • 5番剛床施工

    剛床施工

    2階の床は、非常に剛性の高い工法にて施工し、地震の時には、ねじれを防ぎ耐震性を高めてあります。

  • 6番外壁通気工法

    外壁通気工法

    外壁材と柱との間に通気層を設け結露を防ぎ建物の劣化を軽減。気密性を維持しながら湿気をスムーズに外へ排出します。床下には湿気を寄せ付けない「基礎全周換気工法」を採用。床下をくまなく換気し、シロアリから住まいを守ります。

  • 7番ヘッダー配管

    ヘッダー配管

    床下に設置したヘッダーから各給水栓まで途中で配管を分岐せず施工する工法。施工性、耐久性が高まり、また、メンテナンスも容易に行うことができます。

  • 8番木造【耐久性】住宅

    木造【耐久性】住宅

    グリッド構成による間取りプランで構造の安定とバランスを考慮した設計を行います。基礎は「べた基礎」を採用。防湿フィルムで湿気を遮断し、建物荷重を面で支えます。

    住宅金融支援機構
  • 9番高耐震住宅

    高耐震住宅
    地震や火災に強い耐震ボード

    外装の下地材には防腐・防蟻性に優れ、寸法安定性・透湿性にも優れたダイライトMSを使用し、外壁通気構法の効果をより高めています。軽量ながら構造用合板と同レベルの強度を誇るとともに、防火性が高いなどのメリットが有ります。

  • 10番省エネルギー住宅

    省エネルギー住宅
    次世代省エネルギー住宅

    高い断熱クオリティを持つLow-Eガラスを採用。さらに高性能で高密度の断熱材で建物全体を覆うことで、夏は涼しく冬は暖かい、一年中クリーンな住まいが叶えられます。

    住宅金融支援機構
  • 11番火災報知機の設置

    火災報知機の設置

    音と光でお知らせする火災報知機を設置しています。火災の煙を早期に感知して、あなたやご家族の「いのち」を守ります。

  • 12番シックハウス対策

    シックハウス対策
    【F☆☆☆☆】【24時間換気システム】

    床・壁・天井の仕上材等はシックハウスに有効な日本工業規格(JIS)の日本農林規格(JAS)で最高水準のF☆☆☆☆建材を使用。また24時間対応の機械換気設備を設置します。

  • 13番バリアフリー住宅

    バリアフリー住宅

    お子様や高齢者まで、安全に暮らせるバリアフリーな住空間を実現します。

    住宅金融支援機構
  • 14番住宅瑕疵10年保証

    住宅瑕疵10年保証

    住宅瑕疵担保責任保険法人による保険制度が実施している住宅瑕疵10年保証です。

  • 15番規定による検査の実施

    規定による検査の実施

    チェックリストに基づき、工程内検査の実施・社内完成検査の実施・顧客検査の実施を行います。

保証制度

ご入居後の安心を支える3つの保証

太陽住宅の戸建住宅には3つの保証をお付けしております。お引渡しの際に保証書をお渡ししご入居後も安心の保証体制をお約束します。

住宅瑕疵10年保証

住宅瑕疵担保責任保険とは、お引渡し後末永く快適にお住まい頂く為に特定の瑕疵を無償で保証する制度です。太陽住宅では、住宅瑕疵担保責任保険法人ハウスプラスによる保険制度に加入しており、住宅瑕疵10年保証の対応となります。

住宅瑕疵10年保証

詳しくはハウスプラスホームページをご覧ください。
http://www.houseplus.co.jp/

地盤20年保証

地盤調査は全ての建設予定地に行っております。調査を元に詳細なデータや現場写真を添付して報告書を作成し、適切な基礎工事をご提案します。万が一、地盤の不同沈下により建物が損害を受けた場合、お引渡し日より20年間損害費用を保証します。

地盤20年保証

詳しくはJHSホームページをご覧ください。

https://www.j-shield.co.jp/

シロアリ10年保証

薬剤散布によるシロアリ防除で5年間保証いたします。さらにJoto基礎パッキング工法を使用したシロアリ防除を取り入れ、竣工後10年以内に蟻害が発生した場合、最高1,000万円を限度に賠償責任補償額の給付を保証いたします。

シロアリ10年保証

詳しくは城東テクノホームページをご覧ください。

http://www.joto.com/